久々にやっちまった。
ひどいギックリ腰である。
立ち上がろうとした瞬間それはきた。
その場に崩れて、「イタタタタァー!」と世界の中心で激痛を叫ぶ。

原因は多分、ここ数ヶ月のストレスによる筋肉の緊張に、買い出しの重い荷物を一人で運んだことか。

もう何もできない。
靴下も下着も痛くてひとりではできない。
前屈みもできないので顔も洗えない。

明日から家事諸々どうすればいいのか。
ちょっと途方に暮れた。

幸い足に痺れはないので椎間板ヘルニアではないらしいが、腰は要とはよく言ったもんだ。
一瞬で何にもできない人になる。
ギックリ腰、恐るべし。

手持ちの湿布とコルセットでなんとかしのぐ。
医療用の白いコルセット。
もっと素敵なコルセットの方がしたかった(笑)。

痛い。
一挙手一投足が冷や汗、あぶら汗の痛みだ。

次の日、別件の病院の予約が入っていたので、激痛を我慢して車を運転して行った。
すると、主治医は、今日中に即刻、整形外科へ行け、と言った。

泣きながら帰りの足で整形外科へ。
よちよち歩きである。

屈曲や海老反りなどいろいろな体勢でレントゲンを撮られ、医師から一言、
「ひどめのギックリ腰ですね」。

知ってる…。

痛み止めと湿布を処方され、這々の体で帰宅。

そろそろと動きながらなんとかしのぐ。

そしてシャンプータイム。
前屈みが無理なので、立ったままCM洗い。
目や耳にお湯が入り軽く溺れた。
情けなくてお風呂で叫ぶ。
「もういやー!」

痛み止めでパンパンにむくんだ顔を見て、娘がフェルトで手づくり魔除け御守りを作ってくれた。

それを涙目で握りしめ、今日もコルセットでそろそろ歩く。

みなさん、ほんと腰だけはお大事に!
今の時期、ギックリ腰、多いらしいよ。